銀行でお金を借りるには口座開設している必要は?

銀行カードローンおすすめでお金を借りるには、「当該銀行の銀行口座を開設している必要があるのではないか」と思う人も少なからずいるでしょう。確かに、指定された銀行口座を開設することが契約条件になっている銀行もあります。しかし、多くの銀行はカードローンを利用する為にわざわざ口座を開設する必要は無いとしているので、あまり気にする必要はありません。

基本的に銀行でお金を借りるには「最低条件」さえ満たしていれば可能性があります。明確な基準に関しては若干違いがあるものの、多くは成人~定年までの年齢で自分で働いて収入を得ていることという条件が設定されているので、まずはこの基準を満たしたうえで申し込みをすることが必要です。

この条件さえ満たしていれば、後は審査次第で融資の可否が決定されます。該当銀行の口座を開設しているかどうかが審査に影響を与えることはまずありませんが、同一行内に預金口座を持っている場合には「返済能力の一部」として判断してもらえる可能性もある為、場合によっては良い方向に影響することも考えられます。

また、銀行の中には「WEB完結」と呼ばれる方法を利用する為に指定口座を開設する必要があるという条件を設定していることもあります。こういった条件を指定している銀行の場合、オンラインバンキングなどを使って24時間自由に取引が出来るようなシステムを構築していることが多い為、利用環境としては他の銀行カードローンと比べると優れていると言えます。